facebook gplus twitter

文字サイズ

2016.11.30

ご家族インタビュー05

  • 市民の声
  • ご家族インタビュー05
  • ご家族インタビュー05
  • ご家族インタビュー05
  • ご家族インタビュー05
  • ご家族インタビュー05

工藤さんご家族
以前のお住まい:茨城県神栖市
現在のお住まい:龍ケ崎市藤ケ丘
龍ケ崎にお住まいの年数:9年

 

龍ケ崎にお住まいになった経緯についてお聞かせください

仕事の転勤の関係で、9年前に神栖市から龍ケ崎市に引っ越しました。
龍ケ崎市には実家があり、親の近くに住まいを構えたいと思っていたところだったので、1年ほど白羽のアパートに住んだのちに現在の住まいを購入しました。
家の立地が幹線道路から少し入った中にあり、静かで気に入っています。職場へは自家用車で通勤しています。

 

龍ケ崎の印象や、好きなところはありますか?

以前は工場が多い地域に住んでいたため、龍ケ崎に引っ越してきたときに、緑が多く、静かで「空気がきれいだな」と感じました。

奥様 : 実家のひたちなか市と雰囲気が似ていると感じました。大通りがあってその沿線にお店があるところが…あとは、周りの人が暖かいなと思います。
子供がいるせいか、近所やスーパーとかなどで知らない人から親しげに話しかけていただいたり、すごく親切にしていただいたりということがよくあります。

 

お気に入りのスポットは?休日はどう過ごされますか?

場所は「たつのこやま」や「たつのこアリーナ」が好きです。
たつのこやまの大型遊具(まいりゅうのしっぽ)はとても気に入っています。長男はオープンする前からあの遊具を気にしていてワクワクしていました。

奥様 : たつのこアリーナには、ヨガを習いに行っています。
次男はまだプールには入れませんが、アリーナの中にある保育ルームで預かってもらえるので、長男と一緒にプールに行ったりもします。

 

龍ケ崎の子育て支援について、感想をお聞かせください。

奥様 : 龍ケ崎に来たときは知り合いや友人もいませんでしたが、長男が生まれる前に保健センターの「プレママ教室」に参加して、友達の輪が広がったのはすごくよかったと思います。
また、子育てしていて煮詰まってしまったときには、ファミリーサポートセンターの先生にアドバイスをいただいたりと、色々な面で龍ケ崎の子育て支援には非常に助けられています。
第3子支援はなくなってしまいましたが、それに代わって一時預かり保育の支援が手厚くなったのは嬉しいですね。

今後の子育て支援に関しては、(不妊治療支援など、財政の問題もあるのかと思いますが)「一人目にもやさしい」「多子世帯にはもっとやさしい」というようになると、ありがたいなと思います。
上の子を産んだときに思ったのは、一人目のときに「支援が手厚いな」と感じないと二人目以降の子供を持つことに対しての不安が拭えないのかな、と。
最近は共働きの家庭も多いと思うので…一人目のときの支援が手厚いと「二人目、三人目が欲しいな」と思いますね。

 

その他、龍ケ崎市にこれから望むものがあれば教えてください。

子供たちを対象としたボランティアスクールなど、学区や学年にかかわらず市全体で行うイベントがあるといいと思います。
あとは、姉妹都市などができれば、交換留学生とか。
子供たちが多くの人と関わりを持つことで、いろいろな経験をさせてあげられたらと思います。

 

これから龍ケ崎に住もうと検討している方へ、一言お願いします!

スーパーやホームセンターなどが近くにあり、日常の買い物などは便利ですよ。
ご飯(食材)もおいしいし、住みやすくていいところです!

Facebook